【評判・口コミ】渋谷スクランブルスクエア展望施設(渋谷スカイ)を徹底解説!楽しい??昼&夕方&夜どっちが良い?

こんにちは。NOBUです。

渋谷駅直結の超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」の屋上展望施設である「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」に行ってきた感想を紹介します。

展望施設「渋谷スカイ」は「渋谷スクランブルスクエア」の中にある展望施設の名称です。

「渋谷スクランブルスクエア」は高さが約230mの複合型超高層ビルで、商業施設・オフィス・交流スペース・展望施設(渋谷スカイ)などで構成されている施設です。2019年11月にオープンしたばかりです。

昼間と夕方(日の入り時刻)と夜間で計3回見に行きました!それぞれの特徴を紹介したいと思います。

ちょっと金額高いですが、超おすすめです!感動します!3回見に行きました!

渋谷スカイ公式ホームページ

基礎情報

入場料金

気になる渋谷スカイの入場料金です!↓↓↓

正直、まあまあ高めの価格設定です。。

混雑時には人数制限により入れない時もあったりするため、事前のWEB予約チケットの購入がおすすめです。

入場料金

当日窓口チケットWEB予約チケット
大人(18歳以上)2000円1800円
中学生・高校生1600円1400円
小学生1000円900円
幼児(3歳~5歳)※3歳未満は無料600円500円
【価格表】

営業時間は10:00-22:30です。基本年中無休です。

交通アクセス

次は渋谷スカイへのアクセスですが、渋谷スクランブルスクエア14階が入口となります。

14階までの移動手段は下記3つあります!その中でオススメは渋谷スカイ直通エレベーターです!

渋谷スクランブルスクエアの1階・2階から14階までの直通エレベーターがあります!

  • エレベーター:高層階ビルなのでめちゃくちゃ混みます。。
  • エスカレーター:14階まで登るとなるとまあまあ時間かかります。。
  • 渋谷スカイ直通エレベーター:一番スムーズにアクセスできます!◎

スーツケースを持ってる方は渋谷スカイに入場できません。駅のコインロッカー等に事前に預けてから14階に行きましょう!!

渋谷スカイの紹介(ネタバレ含む)

エレベーター前

それではチケットのQRコードをゲートにかざし、入場します。

入場するとすぐに46階屋上展望台への直通エレベーターに乗ることになります。

エレベーター内でも音と光の幻想的な演出がされております。

あっという間にエレベーターは展望エリアに到着していました。

46階の展望エリアは屋内エリア(スカイギャラリー)と屋外エリア(スカイステージ)の二つに分かれています。

屋内エリア(スカイギャラリー)|アート演出とガラス越しの絶景

屋内エリア(スカイギャラリー)|カフェ

渋谷スカイの屋内エリアにはカフェも併設されています。

金額は都心価格ですが、幅広いメニューがあり、気軽に購入することができました。

屋内エリア(スカイギャラリー)|ショップ

ショップも併設されていました。渋谷スカイオリジナルグッズがたくさんあり、見ているだけでも楽しむことができました。

ショップの小窓から絶景が目えるのも渋谷スカイならではです。

屋外エリア(スカイステージ)|お昼に行ってきた。

屋外エリアにはカバンや帽子などの手荷物の持ち込みを制限されています。

それらを無料コインロッカーに預けて、ようやく屋外エリア(スカイステージ)です!

屋外エリアの持ち込み禁止物
  • バッグ、リュック等の手荷物
  • 三脚、一脚、自撮り棒等の撮影補助器具
  • 帽子、マフラー、スカーフ
  • 傘、日傘
  • ネックストラップが無いカメラ、双眼鏡
  • ベビーカー
  • ビン・缶・ペットボトル、その他飲食物
  • 飛散する可能性がある物品

手荷物はかなり制限されます。

解放感に思わず声が出てしまうくらい、感動しました!

屋外エリア(スカイステージ)|夜に行ってきた。

始めて昼に渋谷スカイに行った時に、「ここからの夜景見てみたい!!」と思い、、

2度目、夜の渋谷スカイを見に行ってしまいました。写真をご覧ください!

夜にも見に行きたい!夜はどんな感じなんだろう??

屋外エリア(スカイステージ)|夕方(日の入り時刻)に行ってきた。

そして最後に夕暮れ時となる夕方に来場しました。

感想まとめ

いかがだったでしょうか。

結論。超おすすめです!昼、夕方、夜どの時間でもそれぞれの良さがある魅力的な場所です!

滞在時間を長くとれるのであれば、昼と夜の景色を両方楽しむことができる夕方の時間帯がおすすめかもしれません!

この高さで外気に触れながら景色を臨める場所は珍しいのではないでしょうか??ぜひ行ってみてください!

かなり分かり易くYouTubeで紹介されていましたので、気になる方は参照ください!

最新記事